江戸間

読み: えどま

柱心の間隔を基準寸法にした整数倍。

江戸および関東地方の町屋に、主として用いられる基準尺。

柱心々距離を6尺とするもの。

写真

Powered by
Movable Type Pro