新着建築用語

読み: こばり
    [beam]

大梁または桁に架ける梁。

読み: そうごうせっけいせいど

一定規模以上の敷地内に公開空地を設けることにより、容積率・絶対高さ制限・斜線制限を緩和する制度。(建築基準法第59条の2

読み: おおばり
    [girder]

柱と柱に架ける水平部材。
床や屋根の荷重を支える。

読み: きょうま
別名: 大間

柱と柱の内法寸法を基準寸法とした整数倍。

柱割りの場合には基準の1間を6.5尺×3.15尺とするもの。

京都・奈良県・大阪府・瀬戸内地方・山陰地方・九州の一部の茶室・民家・書院等に使われてきた基準尺。

読み: きゅうおんざいりょう
    [sound absorbing material]

音のエネルギーの一部を熱エネルギーに変え、音を吸収させる材料。

建材-グラスウール,フェルト,吸音ボード,軟質繊維板,布

写真

Powered by
Movable Type Pro